トップページ

小林技研工業株式会社

小林技研工業は、プラスチック加工、金属加工をおこなっている会社です

小林技研の成形加工のながれ

プラスチック加工事業で生産する機械のほとんどが自社で開発した専用機械を用い製品を生産しています。代表製品は、店舗で扱われる仕切り板、POSレール、カードケース、ポスターケースなどの店舗什器備品の板モノ加工品があります。

また、金属加工事業では二次元・三次元産業レーザーを用い、自動車アフターパーツなどプラケット製品を製造しています。

事業内容

金属加工事業

  • 二次元三次元レーザー加工、タップ加工、フライス加工

プラスチック加工事業

  • PET、塩ビ折り曲げ加工、プレス加工、接着加工
  • 二次元三次元レーザー加工、断裁加工、トムソン加工

板モノ成形事業

  • 単発真空成型、真空圧空成形

設備

自社製折り曲げ単発機 16台、折り曲げ自動高速機械・ライン 8機、断裁機 2台、シャーリング 1台、二次元レーザー 1台、三次元レーザー1台、タップ機 1台、プレス機 3台、真空成形機 1台、真空圧空機 1台

小林技研からのお知らせ・ニュースリリース

2016年5月24日
井田工場稼働新着
2016年2月
仕切りライン増設
2015年10月
高速ベタ曲げ26号機導入
2015年10月
単発曲げ機H300導入

プリントアウト ページの最上部へ

サイトマップお客さまの個人情報保護について